パソコン・スマホ

【口コミ】ドコモからLinksMateにして8ヶ月経ったので感想を書きます

こんにちは、ハラペコです。

皆さん、格安SIM使ってますか?

僕は2018年9月からLinksMate(リンクスメイト)というドコモ回線の格安SIMを使っています。使い始めて約8ヶ月ですね。

今日は

  • 格安SIMにしたいけど、どこがおすすめなんだろう?
  • LinksMateが気になっているけど、実際、どうなんだろう?

という疑問にお答えします。

結論:ドコモからLinksMate(リンクスメイト)にMNPして満足です

いきなり結論から書きますが、今のところ、LinksMateに不満はありません。ごくごく普通に使えます。一日中スマホでオンラインゲームをやるとか、一日中動画を見続けるなど、めちゃくちゃヘビーに使う場合は微妙ですが、

基本はブラウジングやSNS、たまに動画を見る程度

といった、一般的な使用の範囲なら、何の問題もないと思います。

月額料金がどれぐらい安くなったか?

まず、気になる月額料金です。

ドコモと比べると、約4,500円安くなりました(僕と妻の2回線分)

明細はこんな感じです。なお、細かい費目(ユニバーサルサービス料等)は記載していません。

 

ドコモの明細(2018年8月時点)

 

LinksMateの明細(2018年9月時点)

契約条件はドコモとLinksMateのどちらも

  • 5GBのパケットを僕と妻で分け合う
  • 妻のみ、電話かけ放題プランに加入する

であり、ほぼ同じです。むしろ、かけ放題プランはドコモが5分かけ放題(カケホーダイライト)、LinksMateが10分かけ放題なので、LinksMateの方が条件がよくなっています。

それでも約4,500円安くなりました。

なお、ドコモの明細を見ると、「ドコモ光セット割」で800円の割引が入っていますが、これは自宅の固定回線をドコモ光にしていたためです。実は今も固定回線はドコモ光のままです。実は、ドコモ光はスマホがドコモじゃなくても契約できるんですよね。詳細は以下の記事をご参照ください。

ドコモ光は単独で契約可能です【MNPしても解約不要】こんにちは、ハラペコです。 今日はフレッツ光の光コラボであるドコモ光について書こうと思います。 「ドコモやめてauにする!」...

で、ドコモ光セット割を考慮したとしても、ドコモ時代と比べると月額で約4,500円も安くなったわけです。

毎月4,500円ってかなり大きいですよね。子供の教育費に回すもよし、資産運用に回すもよしですね。

使い勝手はどうか?

使い勝手を語る前に、一応、我が家のスマホ機種を書いておきます。

  • 僕:iPhone 8(ドコモ版・SIMロック解除済み)
  • 妻:iPhone 6s(ドコモ版・SIMロック解除済み)

どちらもiPhone使いです。割とスタンダードですね。

通信速度:可もなく不可もなくです

ドコモ系MVNOの中では通信速度が速いと言われているLinksMateですが、8ヶ月使ってみた感想としては「思っていたより速い」です。

LinksMateにMNPする前は、ネットの情報から

  • 昼休み時間帯はトラフィックが集中して、めちゃくちゃ遅くなる
  • 通勤電車(特に都内)ではトラフィックが集中して、めちゃくちゃ遅くなる

と想像しており、「あまりに遅すぎたらドコモに戻るしかないか…」ぐらいに思っていたのですが、使ってみると意外にもそんなに遅くないです。通勤電車内や昼休みでも割と普通に使えます。ただ、やっぱりドコモに比べると「あら、遅いな…」と思うことがありますが、個人的には許容範囲内です。

LinksMateの公式サイトを見ていると、月に1回は回線増強工事を行っているので、結構、通信速度に気を使っているのかなと思います。

テザリング:問題なく使えます

LinksMateは最新のiPhoneでもテザリングできます(2019年5月現在)。もちろん、僕が使っているiPhone 8(ドコモ版)でもテザリングできます。

テザリング対応機種はLinksMateの公式サイトをご参照ください。

で、実際にWindows 10パソコンをiPhone 8でテザリングしてみましたが、感想としては「普通に使える」です。特段、通信がブチブチ切れたり、不安定になることもありませんでした。

正直、そこまでヘビーにテザリング機能を使っていないので、長時間使った場合にどうなるか?みたいなことまではわかりませんが、少なくとも、ライトに使う分には問題なさそうです。

10分かけ放題オプション:専用通話アプリ「MatePhone」が使いにくいです

LinksMateで10分かけ放題にしたい場合、以下が必要です。

  • その1:10分かけ放題オプションに加入する
  • その2:発信の都度、電話番号の先頭にプレフィックス番号「0035-45」を付けるか、LinksMateの通話アプリ「MatePhone」を使って発信する

その1はオプションに加入してしまえばそれでOKです。その2については、いちいち手動で「0035-45」とか付けてられないので、「MatePhone」を使っているわけですが、これがイマイチ使いにくいのです。

何がイマイチかといいますと、着信履歴が見れないんです。発信履歴は普通に見れるんですけど。

着信履歴はiPhone標準の「電話」アプリからしか見れないので、不在着信があったときに折り返しの電話をかけるとなると、

  • 「電話」アプリで不在着信を確認
  • 「MatePhone」で該当の発信者を探して発信、ないしは、電話番号を「電話」アプリからコピーして「MatePhone」に貼り付けて発信

という七面倒臭いことをやらないといけないのです。

我が家では10分かけ放題は妻のみ加入しているのですが「めっちゃストレス」とのことです。あまりに面倒臭いので、友人や家族への連絡は、電話からLINE通話に移行しつつあるみたいです。まぁそうなりますよね…。

そして、Android版は着信履歴が見れるようなので、iPhone版特有の問題みたいですね。ということは、iPhoneでの実装上の都合なのでしょうか、何とかならないのかなぁ…!

マイページ:ドコモと比べると圧倒的に見やすいです

LinksMateにも加入者専用のWebサイトが用意されています。基本的に契約の追加や契約状況の確認など、すべての行為がWebサイトで完結するようになっています。

加えて、何といっても契約内容がシンプルであるが故に、マイページがめっちゃシンプルで見やすいです。

まずデータ通信使用量画面です。シンプル、そして分かりやすい。

出典:マイページ | LinksMate – ゲームプレイヤーのためのお得なSIM

 

そして、契約内容の確認画面です。契約項目が少ないので、スッキリかつ分かりやすい。

出典:ご契約内容の確認 | LinksMate – ゲームプレイヤーのためのお得なSIM

これがドコモだと「契約画面、何ページあるんですかね…」という感じですし、「この契約項目って何のこと…?」というのが散見されて、ユーザーフレンドリーとはほど遠い感じかと思います。

やっぱりシンプルで見やすいのが一番ですよね。

最後に

正直、コスパを考えるとドコモをはじめとした3大キャリアには戻れないです。というか、戻る必要がないと思っています。

元々、LinksMateってどうなんだろうなと気になっていた方には「何の問題もないので今すぐMNPしましょう」と言いたいですし、

  • 全然お金が貯まらないので節約したい
  • 通信費が高すぎるので何とかしたい

という方で、まだ格安SIMにしていない方は「LinksMateでも何でもいいので、今すぐ格安SIMにしましょう」と言いたいです。

思い立ったが吉日です。今すぐ行動しましょう!

LinksMate(リンクスメイト)に申し込む