転職・就職

【転職は難しい】SIerエンジニアの市場価値は低いです【体験談】

SIer勤務のエンジニアからグーで殴られそうなタイトルにしてしまいましたが…。

安心してください、僕もSIer勤務のエンジニアです(泣)。正確には、エンジニア兼プロジェクトマネージャーみたいなポジションなのですが。

決してSIerのエンジニアが無能だと言っているわけではありません。むしろ、大手SIerなんかは高学歴で地頭がいい人が多く、サラリーマンとしては超優秀な人材が揃っている印象です。

ただ、SIerのエンジニアが転職するとなった場合、「同業他社だろうがWeb系だろうが、どんなIT企業でも転職できるぜ!!」という感じかと言われると全くそんなことはなく、むしろ結構苦戦してしまうんじゃないかと思うんですよね。

実際、大手SIerに勤務している僕がいざ転職活動をしたところ、思っていた以上に厳しい現実が待っていました。つまり、思っていたより市場価値が低かったということです。

それは単にお前が無能だけやろwww」みたいな声が聞こえてきそうですが、まぁそれはそれで事実かなと思います(泣)

とは言え、実はSIer勤務のエンジニア全員に言えることでもあるんじゃないかなと思っていたりします。

本記事では、大手SIerに約12年勤務している僕が実際に転職活動を通して感じた、SIerエンジニアの市場価値について書こうと思います。

SIerに就職しようと思っている人、すでにSIerに入社していて「経験とスキルを積んだら転職しよっかな」と考えている人の参考になれば幸いです。

SIerエンジニアの市場価値が低い理由

結論としては、

  • SIerでエンジニアをやってても市場価値の高いスキルは身につかないので、転職前提で就職するのは辞めた方がいい
  • もうSIerに入社してしまっているなら、今すぐ転職した方がよい

という感じですが、なぜこの結論に至るかの理由を説明しようと思います。

理由を挙げると、以下のとおりです。

  • 理由1:新規技術や新規製品を使わないから
  • 理由2:実装スキルが身につかないから
  • 理由3:3年目ぐらいでプロジェクト管理をやらされるから

それでは順番に説明していきます。

理由1:新規技術や新規製品を使わないから

SIerの醍醐味と言えるものでもありますが、SIerは比較的大規模な受託開発が多いです。

受託開発というのは、クライアントから要件をヒアリングして、その要件を満たすようにシステムを開発し、クライアントに納品するという開発案件のことです。

SIerの性質として、大規模なシステムであるほど、社会的なインパクトが大きいシステムであることが多いので、品質リスクをめちゃくちゃシビアに考えます。

たとえば、銀行の勘定系システムが止まってしまったら、その間、預金の引き出しや振り込みができなくなるわけで、間違いなくYahoo!ニュースのトップに載りますし、クライアントからも火が出るほど怒られます。

それゆえ、手堅い設計をしたり、枯れきった技術を使ったりすることが非常に多いです。実際、金融系のシステムでは未だにCOBOLという60年ぐらい前に開発されたプログラミング言語で実装されていたりします。

一方、IT企業の求人を見てみると、「COBOL技術者求む!」とか「必須条件:COBOLでの開発経験」みたいな求人なんてほとんどないんですよね。

つまり、SIerにいると、往々にして古めかしい技術や製品を使う羽目になり、Web系や事業会社で求められるようなITスキルは身につきにくいです

もちろん、インフラはAWS等のパブリッククラウド、フロントエンドはVue.jsとかReactなんかのモダンなJavaScriptフレームワークを使いつつ、プロジェクト管理はTrelloです、みたいなイマドキな開発案件もあるかもしれませんが、正直、ほとんど見たことないです…。

理由2:実装スキルが身につかないから

これはIT界隈では常識なのですが、SIerはシステム開発案件のすべての工程を自社でやるわけではありません。

アプリケーションの実装やインフラの構築部分、いわゆる下流工程は協力会社に委託することがほとんどです。

その間、SIerのエンジニアは何をするのかと言いますと、下流工程が終わった後のテスト計画を考えてテスト準備をしたり、場合によっては、他案件に参画したりします。

つまり、SIerで経験できるのは上流工程の要件定義や基本設計あたりまでで、下流工程の詳細設計やコーディング(プログラミング)等は経験できません

稀に「実装経験なかったら要件定義なんてまともにできるわけないだろw」みたいな、至極真っ当なことを考える上司もいて、そういう人の配下に入ると、実装経験を積ませてもらえるかもしれません。

ただ、だからといって、ずっと実装させてもらえるかと言えばそういうわけではなく、あくまで「お勉強」として、下流工程にアサインされるというのがほとんどです。

このように、SIerでは、他社でも通じるほどの実装スキルは身につかないのです。

理由3:3年目ぐらいでプロジェクト管理をやらされるから

SIerに入社後、中堅どころになるまでずっと上流エンジニアとしてキャリアを積めるかと言うと、実はそういうわけではありません。

往々にして、3年目ぐらいから開発リーダーという謎のポジションに付かされ、協力会社に委託している製造部分の進捗管理や課題管理をはじめ、クライアントとの調整役なんかを任され始めます。

後者のクライアントとの調整はまぁいいとして、前者のタスクは完全にプロジェクト管理ですよね。

つまり、SIerのエンジニアは、上流工程における設計スキルをしっかり習得する前に、プロジェクト管理の仕事を任され始めるため、どうしても上流工程の設計スキルや経験が不足しがちです。

実は、これについては、所属するSIer(会社)や部署に多少依存します。

たとえば、官公庁や金融機関がクライアントの会社や部署だと、システム規模がめちゃくちゃ大きいがゆえにそれだけ開発期間が長いです。そのため、上流工程が終わってしまうと、次の上流工程(=次の開発案件)が回ってくるまで、数ヶ月とか数年単位で掛かります。

一方、一般企業相手の会社や部署だと、大小様々な案件があり、かつ、開発スピードが求められる時代になってきたので、往々にして次から次へとシステム開発案件が回ってきます。また、官公庁や金融機関と比較して、新規システム開発案件が多いため、比較的、上流工程に関わる機会は多いかなと思います。

とは言え、SIerにいる以上、若手の頃からプロジェクト管理の仕事をやらされるというのは変わりないので、誰もが「どの会社に通用します」というレベルの要件定義や基本設計スキルを習得出来るかと言われば、かなり疑問符が付きます

転職前提でSIerに入社した人は今すぐ転職した方がいいです

以上のとおり、SIerにいても市場価値の高い経験やスキルは身につきません

転職サイトでエンジニア系の求人を見てみたらわかりますが、市場で求められているエンジニアは

  • バリバリ、プログラミングできる人
  • 要件定義や顧客折衝なんかもできるとベター

という感じです。

残念ながら、SIerに在籍して獲得できるのは、

  • 中途半端な上流工程(要件定義や基本設計)スキル
  • 大規模開発でしか必要のない、ガチガチのプロジェクト管理スキル

です。

市場で求められるスキルと、獲得できるスキルが一致しません

くっ、思ってたのと違った…!」という就職前の学生の人は、他業界や他社に就職すればOKなのですが、「とりあえずSIer入っといて、市場価値を上げつつ、何年か経ったら転職しよ」と思ってSIerに入っちゃった人は、今すぐ転職した方がいいです

若手のうちは経験が伴っていなくてもポテンシャルを買われて転職できるケースが多いため、転職は早ければ早いほうが吉です。

また、今すぐ転職する気がなくても、市場ではどういうスキルや経験が求められているのかを理解しておくことは、今後のキャリアを形成する上で非常に重要ですし、もしかしたら「あ、この求人ええやん!応募してみようかな…!」みたいなこともあるかもしれません。

何はともあれ、転職サイトや転職エージェントに登録しておき、情報収集だけは始めておくことをおすすめします

たいていの転職サイトや転職エージェントは登録料・利用料が無料ですし、特に、転職エージェントに登録しておくと、キャリアアドバイザーの方がおすすめの求人をどしどし送ってくれたり、今後のキャリアプランの相談に乗ってくれたりしますので、登録しておかない手はありません。

以下の3つは、僕が実際に使ってみた転職エージェントで、優良な求人、かつ、いいエージェントさんに巡り会うことができたものです。

とりあえず、登録だけはしておくことをおすすめします。

  • リクルートエージェント | 転職支援実績No.1
    • 皆さんご存じ、リクルートが運営する国内最大級の転職エージェントです。
    • 求人数が非常に多く、また、優秀なエージェント(担当者)の方が多いため、まずはここに登録することをおすすめします。
  • ビズリーチ | 選ばれた人だけのハイクラス転職エージェント
    • ハイクラス(年収600万ぐらい)向けの国内最大級の転職エージェントです。何と言ってもスマホアプリが抜群に使いやすいです。
    • プランによっては有料なのですが、3ヶ月ぐらいはすべて無料で体験できますので、まずは登録してみましょう。
    • 無料体験が終わると、自動的に無料プランに移行しますので、「知らないうちに課金されてた!」みたいなことはありません。
  • キャリアカーバー (CAREER CARVER) | リクルートのハイクラス転職エージェント
    • リクルートが運営するハイクラス転職エージェントです。
    • こちらは完全無料なので、期間を気にせずに自分のペースで転職活動を進めることができますし、自分に合うエージェント(担当者)の方もじっくり探すことができます。完全無料がいいという方はこちらにも登録しましょう。

以上です。

終身雇用が崩壊し始めた今、市場価値を意識して就職先やキャリアプランを考えるのは非常に重要かと思います。参考になれば幸いです。

【体験談】大手SIerからのおすすめの転職先を教えます【年収アップも可能】某大手SIerに約12年勤務している僕ですが、このたび、無事に転職先が決まりました! 僕のスペックとしては、 年齢:...
【体験談】36歳スキルなしサラリーマンが転職を成功させた方法【しかも年収アップ】2019年5月に転職活動を開始し、仕事をしつつ、家事育児もしながら細々と転職活動を続けてきましたが、2019年8月にとある大手企業から内...