パソコン・スマホ

【レビュー】LinksMate(リンクスメイト)を2週間使ってみた感想

こんにちは、ハラペコです。

先日、NTTドコモから「LinksMate」という格安SIMにMNPしました。

2週間ほど使ってみましたので、レビューを書きたいと思います。

それでは行ってみましょう!

格安SIM「LinksMate」とは

LinksMate(リンクスメイト)」とはCygames(サイバーエージェントのグループ会社)の子会社であるLogicLinksという会社がやっている、ドコモ系のMVNOです。

売りは「ゲーマー向けの格安SIM」ということらしく、特定のスマホゲームの通信料が90%カットされるカウントフリーオプションというものがあります。さらに、InstagramやTwitter、Facebook、それにAbemaTVなんかもカット対象なので、これらをヘビーに使うユーザはめちゃくちゃお得です。

また、LinksMateは通信速度も売りにしていて、Webサイトで通信速度状況を公開しています。

通信速度を維持し続けるのは大変だと思いますが、是非とも頑張って欲しいなぁ…!

LinksMateを2週間使ってみた感想

NTTドコモからLinksMateにMNPして約2週間。使用感としてはこんな感じです。ちなみに場所は東京都内です。

  • その1:思っていたより通信速度が速い
  • その2:問題なくテザリングも使える

まぁ、端的に言うと

何の問題もない

ということですね。なぜもっと早くLinksMateにしなかったのか、怒りすら沸いてくるレベルです。

LinksMateすごすぎ。

その1:思っていたより通信速度が速い

大手3キャリアから格安SIMにうつることを検討している人は「通信速度は大丈夫なのか!?」を気にすると思うのですが、体感としてはほとんど変わらないです。

 

…「ほとんど変わらない」はちょっと言い過ぎました。すみません。

 

確かに昼休み時間帯の12時~13時なんかは「おっ?」と思うときはあるのですが、「待てど暮らせどレスポンスが返ってこない!!」ということは全くありません。

通常のWebブラウジングやSNSをやる分には「めちゃくちゃ普通に使える」と思ってもらえればいいと思います。

試しにYouTubeを昼休み時間帯に再生したところ、普通にサクサク見れました。

今のところ、ストレスは全くありません。

何これ?LinksMateすごすぎ。

その2:問題なくテザリングも使える

格安SIMの王者であるUQモバイルは、僕が使っているiPhone8ではテザリングが出来ないのですが、LinksMateではiPhone8でも問題なくテザリング出来ます。

実際に試してみましたが、もちろん普通に使えました。

一体何なの?LinksMateすごすぎ。

(2019/5/7追記)2018/10/31より、iPhone(8を含む)でのテザリングに対応したみたいです。これでUQモバイルの死角が1つ減りました。

LinksMateで気になるところ

今のところ何の文句もないLinksMateですが、強いて挙げるならこういうところが少し気になりますかね。

  • 気になるところ1:今後も通信速度が維持できるか?
  • 気になるところ2:iPhone版「MatePhone」アプリがイマイチ
  • 気になるところ3:解約時に必ず\3,000掛かる

気になるところ1:今後も通信速度が維持できるか?

上にも書きましたが、今後もこの高速な通信速度が維持できるか?というのはめちゃくちゃ気になります。

僕はゲームを全くしないので、通信速度が低下してきたらLinksMateを使い続ける理由がなくなってしまいます。

…まぁ、いま考えてもしょうがないですね。

気になるところ2:iPhone版「MatePhone」アプリがイマイチ

「MatePhone」アプリというのはLinksMateが提供している音声通話アプリです。これを使って電話を掛けると通話料金が10円/30秒と通常の半額になります。また、10分かけ放題オプションもMatePhoneアプリを使った通話にしか適用されません。

MatePhoneアプリが何をやっているかと言いますと、電話を発信するときに自動的にプレフィックス番号「0035-45」をくっつけてくれています。

いわゆる「プレフィックス方式」ですね。プレフィックスをつけることで、LinksMateの中継電話設備を経由させて、通話料を安くするという仕組みです。

なので、電話をかけるたびに自分で「0035-45」を頭にくっつければ、MatePhoneアプリを使わなくてもOKなのですが、そんなことやってられないのでMatePhoneアプリを使っています。

で、MatePhoneアプリの何がイマイチかと言いますと、

着信履歴がMatePhoneアプリに残らない

ところです。

確かに電話の着信はMatePhoneアプリではなくて、電話アプリが受けてしまいますからね。Android版は実装できているので、iPhoneの仕様とかで実装が難しいのかなぁ。

気になるところ3:解約時に必ず\3,000掛かる

LinksMateは2年縛りがない代わりに、いつ解約(MNP含む)してもSIMカード削除事務手数料の\3,000が掛かります。

「思い立ったが吉日」派の僕としては、高額な違約金なくいつでも解約できるのは嬉しいのですが、気になる人はいそうですね。

最後に

LinksMate(リンクスメイト)」、2週間使用したところ何の問題もありませんでした。しかも安いし。すごすぎ。

ドコモ系のMVNOを検討されている方、UQモバイルやY!mobile等の絶対王者&ド定番は外してみたいという奇特な方は一度「LinksMate」を検討されてはいかがでしょうか!