プロフィール

1983年生まれ。男。東京でしがないサラリーマンをしとります。

家族は専業主婦の妻が1人、幼稚園に通う5歳の娘、わんぱく盛りの1歳の息子の4人家族です。

仕事はエンジニア。でもポンコツ

某IT企業に勤めるエンジニアです。でも、Qiitaにバリバリ技術メモを書いたり、GitHubにガンガン自作アプリを公開するような凄腕エンジニアではありません。完全にポンコツです。ブロックチェーンとかAIとか全然わかりません。

何にも考えてなかった学生時代

みなさん、自分の進路はそれなりに悩んで決めてきたと思うのですが、僕はというと、めちゃくちゃ適当に決めてきました。

高校なんて塾の先生に「ここに行ったら?」と言われたところに「そうっすか」という感じで適当に決めましたからね。

結果、家から片道10kmはあるわ、自転車しか交通手段がないわ、一級河川を超えないといけないわ、死ぬほど急な坂を上らないといけないわで毎日死にそうになってました。

高校までは和歌山県に住んでいたのですが、大学はなぜか福岡に行くことになります。

第一志望は京都の大学だったのですが、超難関大学にも関わらず「まぁ受かるやろ」ぐらいに考えていたので、第二志望は「何となく」で選んだんですよね。言わずもがな、その大学のことなどこれっぽっちも調べてませんでした。それが福岡の大学です。

案の定、第一志望の大学に落っこち、「えー、じゃあ浪人するわ」と親に言ったら「なめとんのか」と怒鳴られ、泣きながら第二志望の大学を受験しました。

幸運にも第二志望の大学に合格したので、そのまま福岡へ。

大学でも何も考えることなく、なんとなくサークルを選び、なんとなく勉強して、なんとなく就活して、なんとなく東京のIT企業に就職することにしました。

何にも考えてなかった20代社会人時代

社会人になっても毎日をなんとなく過ごしていました。

今まではなんとなくの決断でもそれなりにうまくいっていたのでよかったのですが、社会人になって大きく失敗します。

そのうちの1つが不動産投資です。

新築ワンルームマンションの投資に手を出し、結果的に約500万の大損をすることになります。まぁ、新築ワンルームマンション投資がダメというより、その投資リスクをロクに把握していなかった僕が悪いのですが。

【体験談】新築ワンルームマンション投資に失敗して500万円損した話こんにちは、ハラペコです。 今日は僕が新築ワンルームマンション投資に手を出して大失敗したときの話を書こうと思います。 これか...

ブログを書こうと思ったキッカケ

別に「不動産投資で損した!要注意や!」みたいなことを言いたいわけではないんです。いやまぁそれも言いたいんですけど。

これまでの人生、他人の意見に流され、自分の意見もないままなんとなく生きてきたのですが、思いっきり失敗もしたしこのままじゃダメだよなぁと。しっかり調べ、しっかり考え、しっかり覚悟した上で決断しないといけないよなぁと(当たり前なんですけど)。

で、色々と考えた結果、ブログを始めることにしたんです。

きっと僕みたいな人って少なからずいると思うのですよね。今までの人生、ボンヤリと生きてきた人。

もちろんボンヤリ生きることが悪いわけではありません。

ただ、僕は「もうちょっとちゃんと生きればよかった」と少し後悔しています。

僕が自分の失敗談・体験談を発信することで、うまくいけば、「こ、このままの人生ではイカン!」と気づいてくれる人がいるかもしれない。

そう思ったんですよね。

まぁどこまで届くかは僕の努力次第なところではありますが、「やらないよりやった方がまし」ということで、拙筆ながら文章にしたためていこうと思います。